2015/01/10

Enhanced Charcter Edit(ECE)からRacemenuへ移行する方法



前回の記事で、フォロワー等のNPCの顔をプレイヤーに移植する方法について解説しました。

Racemenuのスカルプト機能を使って、Modフォロワーの顔をプレイヤーに移植、改変する方法



しかしながら、「俺はECE使ってるから...」という方も多いのではないかと思います。

今回は、たった今のままで、Enhanced Charcter Editの環境でプレイしている人向けに
ECEからRacemenuへ移行する手順を紹介します。







Modのインストール


まず、今の状態のままでRacemenuをインストールしてしまいましょう。

RaceMenu

上書き等心配しなくて大丈夫です。ただ、.espは無効にしてください。

BSA UnpackerのどのBSAファイル展開ツールを使用して、

\Scripts\chargen.pex
\Scripts\Source\chargen.psc
の2つ取り出し、別途インストールします。

次に、Racemenuで体型等細かく調整できるようになる拡張パッチModをインストールしておきましょう。

XP32 Maximum Skeleton -XPMS

おなじみのスケルトンModですが、パッチにはXPMSEという拡張版スケルトンが必要になります。
MAIN FILESの「Groovtama's XPMS Extended」というものをダウンロードしてください。
インスローラを起動すると途中Racemenuのパッチをインストールするか聞かれるので、逃さずチェックしましょう。

上記リンクのコメント#213の方が日本語化パッチを公開してくださっているので、必要であればいただきます。


インストールが完了したら、こちらも.espは無効にしておきましょう。


それから、移植に必要なメッシュファイルを生成するModをインストールします。
CharGen Export



メッシュの生成


ECE全ファイル有効、Racemenuのespが無効の状態でゲームを起動します。
移植したいキャラクターをロードしてください。
キャラ名が日本語だと出力したファイルが文字化けするので、改名しておくことをおすすめします。




今回はおなじみのECEプリセットキャラを移植しようと思います。PresetとPrisonerで...プリ娘さんとしておきましょう。

ここで注意しておきたいのが、顔のメッシュデータをインポートしても
髪型、髪色、肌色、目の色、眉毛、化粧、体型はインポートできません。
ですのでキャラメイク画面で、それぞれのパーツ名や色をメモしておくことをおすすめします。
後々に楽になります。

キャラメイク画面を終了させたらExport Headという魔法が追加されているので、使ってください。



メッセージがでたら出力完了です。

移行したいキャラクターが複数いる方は、同じ容量で、
キャラロード→改名(ファイルが上書きされてしまうので個別の名前に変更)→Export Head
という作業を済ませておくと、非常に効率的です。

出力できたら、ゲームを一度終了してください。

data\SKSE\plugins\CharGen\キャラ名.nif
data\SKSE\plugins\CharGen\キャラ名.dds
というファイルが出力されます。
Racemenuで使うのは.nifの方になります。

日本語キャラ名で出力した場合は文字化けするので、ファイルを英名にリネームしてください。

Mod Organizerを使っている場合は\Mod Organizer\overwrite\SKSE\plugins\CharGen
に出力されていると思います。特に移動する必要はありません。


ECEのアンインストール、メッシュのインポート


ECEをアンインストールします。これからもRacemenuと併用したい場合は削除せず、何らかのかたちで無効にしておきましょう。(Mod Organizerを使ってない方はこの際そっちも乗り換えてしまいましょう)

ECEでは、左右対称化されたファイルを使用しています。
左右対称のテクスチャを使用している場合、このメッシュを使用しないとテクスチャがずれてメッシュを使用しないとテクスチャがずれてしまいます。
左右対称メッシュはECEのデータファイル内
\data\meshes\actors\character\character assetsにあります。ECEをアンインストールしても、このファイルのみはインストールするしておくことをおすすめします。
(左右対称でない、デフォルトメッシュ用のテクスチャを使用している場合はその限りではありません。)


Racemenuや拡張パッチのespを有効にします。


再びゲームを起動し、キャラメイク画面を起動します。



こちらがRacemenuの画面です。
顔がfemalehead.nifのデフォルトの状態に戻ってしまっていますね。

画面右上のスカルプト(Sculpt)を押して、スカルプトモードに切り替えます。
F9キーで、メッシュファイルをインポートします。



Prisoner.nifというのが出力したファイルです。キャラクターの名前によって変わります。
Eキーで承諾するとImport Part Matcherという画面になりますので、再びEキーを押します。



見事にプリ娘さんの顔が移植されました。

パーツ、色要素の再現



プリ娘はいろいろデフォルトなのでこれだけでほぼ移植が完了しますが、
前述の通り髪型、髪色、肌色、目の色、眉毛、化粧、体型はインポートされません。
これらは手動で見つける必要があります。
RacemenuではパーツのMod名やファイル名が表示されるので、比較的簡単に再現できると思います。

インポートした時点で、メッシュ(形)は完全に再現されています。
「元のキャラクターとなにか違う!」と感じても、調整せず、まずは色や化粧で再現できるようがんばってください。


セーブする


キャラクターが完成したらセーブします。
画面右上のプリセット(Preset)からプリセットーモードに切り替えます。
F5キーでセーブできます。セーブ名も付けられるので便利です。
ファイル名をクリックすると一瞬でセーブが完了してしまうので誤って上書きしないよう注意してください。

セーブしたファイルはプリセットモードでF9でロードできます。
ロードするとテクスチャが再読み込みされ、スカルプトの履歴も消去されます。

まとめ


以上がECEからRacemenuへ移行する手順となります。
Racemenuのインポート機能、スカルプトの編集機能で新しいキャラメイクの可能性が格段に広がります。

ECEの操作性はやはり唯一無二なので、Modをうまく切り替えながら使っていきたいですね。



シェアはこちらから!






3 件のコメント:

  1. うーん、ECEからRACEMENUに乗り換えようとしましたが、起動しなくなってしまいました。
    RECEMENUアンインストールしても戻りません。
    インストールしなおさないと駄目かな。。。

    返信削除
  2. 分かり易い解説ありがとうございました。XPMS辺りで悩みましたが特に問題なく移行出来ました

    返信削除
  3. 参考にさせて頂きました
    感謝

    返信削除